赤ちゃんのねんね1

D.T.Bディスティバス訪問サポートでは、毎回そのご家族やママのご状況、赤ちゃんの月齢に必要な事をお手紙形式で書いてお渡ししてます。


今日はその中のお話 「あかちゃんのねんね」についてです。

2か月の赤ちゃんのママにお届けしたお手紙から抜粋です。



◎ねんねのお話


質のいい睡眠のスタートは朝の日光浴から始まります。今の季節(1月)の紫外線は気にしなくていいので窓の近くでお空を眺める時間もつくってあげてくださいね。


朝15分程度朝日を浴びることで気持ちの安定伝達物質のセロトニンが作られます。

セロトニンがあってはじめて睡眠 ホルモンのメラトニンが盛んにできてきます。


 赤ちゃんが自分でメラトニンを作れるようになるのは生後3か月頃からなんです。

(それまではママからもらいます)生まれたばかりでメラトニン形成も自分でできないし、体内時計もまだできてないので昼夜問わず寝たり起きたりはしちゃうのは仕方ないことですね。その過程も成長です。(ママは今の大変な時期をよく頑張っていらっしゃいますね。)


まずは適度な日の光でセロトニン分泌を促し、もう間もなくやってくるメラトニンが自分でつくれる時期に備えておきましょう。


 できない日があっても大丈夫、天気が悪い日はやめても大丈夫。


赤ちゃんと目を合わせ表情を楽しみ頬を摺り寄せながら窓際で遊ぶのがポイントです♡


どうぞ今しかない特別時間を味わうつもりで赤ちゃんとの時間をお過ごしください。





 D.T.Bディスティバスご利用の皆様は「もうスマホで検索して振り回されるのは辞めます」とおっしゃいます。


 なにが今の我が子にとって、ママご自身にとって必要な情報かを膨大なネット情報から見つけて、実行するのはとても困難だし疲れます。


その労力はどうぞ赤ちゃん育てのエネルギーとしてお使いください。


私には有難い事に沢山の専門家のご協力や後ろ盾がございます。


その方々から頂くお知恵や情報をあなたにお届けいたします。


D.T.Bディスティバス豊福は「産前産後デザイナー」です。

あなたの豊かで安心できる産後をデザインしていきます。どうぞメールでご連絡くださいませ。info@dtb.jp



では本日はねんねのお話の序章でした。

29回の閲覧